こんにちは!

注文住宅事業部の小川裕介です。

 

先日、私が担当させて頂いております方の現場確認を致しました。

お客様とご相談させて頂いた内容が、実際にできていく様子はとても嬉しく思います。

私はよく、作業が行われていない日曜日などに現場確認に行くのですが、あるお家でこんな様子を見ました。

それは…

床張り

床張りの様子です。

木と木の間にプラスチックのプレートが挟まれています。

1か所1か所、手作業で職人さんが入れてくれております。

この方のお家では無垢の床材が使われております。

気温や湿度の変化で床材の形や隙間が変わらないように、等間隔で入れられています。

床を張り終わる際に全て外していくようです。

また、無垢の床材はフローリングと違い、1枚1枚分かれております。

それらを手作業で設置していくため、無垢の床張りは手間の費用が通常よりもかかっております。

無垢の床材をお考えの方々やお使いの方々に、このような作業が行われていますことを、知って頂けましたら幸いです。

 

今回もお読み頂き、有難うございます

また次回に!

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全3ページ中)