スタッフブログ

佐藤 三紀雄 自己紹介へ

曖昧な空間

こんにちは

設計の佐藤です。

 

縁側文化から考えると、日本人は外と中が曖昧な空間を好むということがあります。

ウッドデッキの要望が多いのも、そのあたりからなのか・・・

 

でも、ただ単にウッドデッキをつけても、なんともいえない「曖昧な空間の良さ」というものをつくることはできません。

 

こちらはKTV五条展示場の写真です。

リビングからの写真

 

ウッドデッキ上部には屋根を設けています。

天井は板張りとしてリビングの天井と繋げています。

床も段差を設けず、床も天井も外に向けて繋いでいます。

これが、外と中が「曖昧な空間」と感じる要素となっています。

 

ベンチ

こちらはウッドデッキに造作したベンチです。

柱を建てこむ前に1枚板のベンチを通してもらいました。

屋根があるため、ベンチ部分には陰をつくってくれます。

 

ちなみに日陰と、そうでない部分の温度差はほとんど無いのですが、直接日射があたると人も床も表面温度があがり、暑く感じます。

冬は太陽高度が低くなるので、日射の恩恵をいただけます!陰って大事ですね。

ベンチからの写真

こちらはベンチに座って見たリビングです。

曖昧さが生む、広がり感も感じていただけるのではないかと思います。

 

是非、一度ご覧ください。

 

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧|佐藤 三紀雄

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ