こんにちは!

 

最近こたつで爆睡してしまう設計部の中村です!

こたつってついつい寝てしまいますよね。

起きたら朝なんてこともしばしば、、、

 

それはさておき、

少し前から「ZEH水準」という言葉が出てきましたが、

「ZEH」と「ZEH水準」の違いはご存知でしょうか?

似たような言葉ですが、内容は違うものです。

 

「ZEH」は太陽光等の再生可能エネルギーを利用して年間のエネルギー収支がゼロ以下になる家のことを指します。

 

それに対して「ZEH水準」は以下の2つの性能を持った家のことを指します。

①断熱性能等級が5等級以上(Ua値0.60以下)

②一次エネルギー消費量等級が6等級以上(再生可能エネルギーを除いた一次エネルギー消費量の削減率が20%以上)

 

大きな違いは太陽光等が設置が必須であるか無いかの違いです。

「ZEH」は必須ですが、

「ZEH水準」は太陽光設備が無くても要件を満たしていれば「ZEH水準」の家となります。

 

近年は「ZEH水準」が要件の補助金等が増えてきています。

長期優良住宅や認定低炭素住宅がそうですね。

認定低炭素住宅は太陽光設備が必要となりますが、「ZEH」までは要求されていません。

 

これからも「ZEH水準」が要件のものは増えてくるかと思います。

また新たな情報があればお知らせできればと思います。

 

以上でした。

 

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全205ページ中)