スタッフブログ

溝畑 玲央 自己紹介へ

都大路展示場にはこだわりの和室がございます。

皆様

 

 

こんにちは。注文住宅事業部の溝畑です。

 

 

今回は、都大路家づくり広場にあるモデルハウスの和室をご紹介します。

 

この和室は4.5帖という広さですが、その面積以上に空間の広がりを感じられる工夫が施されています。

 和室

 

 

まずは、押入です。押入の下部分にスペースがあけられているので、床の広がりが生まれています。

この押入は「吊り押入」といいます。

 和室吊り押入

和室吊り押入2

 

 

続いては、窓です。大きな窓から光を取り入れ部屋全体を明るくしています。

その横には、足元あたりの低い位置に「地窓」という細長い窓もあります。

足元から外が見えることで空間が抜けていきます。

 和室地窓

 

 

和室は基本的に座って過ごすことが多いので、吊り押入も地窓も座った時の視点から見るとよりその効果を感じられます。

 

 

ちなみに、この和室はリビングとつながっていて、その境目は30cmの段差があります。

この段差は、収納スペースになっていたり、腰かけることでリビングのソファーで過ごす人と同じ目線でくつろぐことができます。

また、段差によって和室の天井高は少し低くなっていますが、椅子に座って過ごすダイニングなどとはちがって床に座って過ごす和室では天井高も抑えめのほうが落ち着いて過ごせる空間となります。

 和室収納

 

このほかにも様々なこだわりがございます。

以上、和室の紹介でした。

 

都大路展示場は「うなぎの寝床」と呼ばれる京都ならではの間口が狭く、奥行が長い敷地を想定したモデルハウスとなっております。

土地の条件を活かしながら、空間を広く感じられるような工夫が和室以外にもたくさん取り入れられております。

ぜひ、ご来場いただき体感してみてください。よろしくお願いします。

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ