阪田 佳史 自己紹介へ

お客様からのご相談ごと

アフターサービス課 阪田です。

以前、タマリュウのお手入れ(刈り込み等)について記載させて頂きました。

今回はガレージのスリット部分に植栽してあるタマリュウについてです。

先日、定期点検で訪問させて頂いたお客様で、タマリュウが上手く育たず、歯抜けのように育っている所もあれば全く育っていない部分もあり、見た目も良くないとご相談を受けました。

外構の専門業者様(造園)に一度タマリュウが育つ環境やどうすれば上手に育つかの知恵を教えて下さいっ!!

と聞いてみました。

考えられる原因と対処をご紹介いたします!

①土の土壌改良の関係で、栄養不足になっている。

 →土壌改良(土を腐葉土や化成肥料品などに入れ替える)

②踏圧で傷んで枯れてしまっている。(駐車場に植栽するタマリュウは、踏圧で傷みやすい。)

 →車で踏まないように注意する!

③水やりの不足

 →水をあげすぎないように注意しながら適度に水まきをする。

ここでご紹介したのは一例ですので、これら全部が全部正しいとは限らないとの事です。

これからもお客様のご相談に良い返答が出来るように引き続き取り組んでいきます。

また、新しい情報があればこのブログでもお伝えしていきたいと思います。

 

 

ー京都・滋賀で注文住宅を建てるならデザオ建設へ!ー

資料請求来場予約フリーダイヤル

 

1ページ (全200ページ中)