清水 崇弘 自己紹介へ

シミマネ 7つ道具 その④

こんにちわ 注文住宅事業部の清水です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

さて④回目にご紹介する「7つ道具」は・・・・・・

「打ち合わせ記録書」です。

 

お客様と打ち合わせをさせて頂く際に、無くてはならないツール(道具)の1つです。

 

入社した当時は、共通書式として「記録書」は存在していましたが、書いていないことが多々ありました。

しかしながら、お客様のご要望をお伺いしてゆく中で

「これは書かんと忘れる 絶対に!」と 思うことが次第に増えて来まして、

今はお伺いさせて頂いた内容をまとめないと、打ち合わせが終了したような気にならず、気持ち悪ーい感じになったりしますので、

ほぼご面談させて頂いた内容を、会社規定の書面にまとめさせて頂いております。

 

私や、設計など、お客様とお会いして、間もない段階でも、様々な内容を教えて頂けるのは、私たちに期待して下さっているから。

そして信頼して下さっているからこそですから、

お聞かせ頂いた内容をしっかりとまとめさせて頂いて、お打ち合わせ後、お互いの行き違いがないよう控え書面をお渡しさせていただく・・・

 

私からお客様へ それは礼儀の ひとつです

 

 

 

-京都・滋賀で注文住宅を建てるならデザオ建設へ!-

1ページ (全205ページ中)